MT4設定/最適化

MT4設定方法

各社それぞれ専用の MT4がありますので、使用する証券会社のホームページ上でダウンロードしましょう。

MT4ダウンロード

1.PC対応MT4を選択

2.ダウンロードを選択

3.保存△を選択し、名前を付けて保存を選択

4.左側のデスクトップを選択し、「保存(S)」をクリック

MT4ダウンロードはこちら

インストール方法

STEP.1
インストーラー起動

インストーラーを起動すると「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されるので、「はい」を選択
STEP.2
設定

「設定」を選択
STEP.3
ウェブサイト

「オープンMQL5.Communityウェブサイト」のチェックを外したら次へをクリック
STEP.4
おめでとうございます

インストールが終わったら完了をクリック
インストール完了

サーバーログイン

STEP.1
MT4起動

表示されたサーバーを選択
MEMO
サーバーが無い場合は、「+」をクリックしてしサーバーを検索
STEP.2
ログイン

「ID」「PW」を入力してログイン
STEP.3
接続状況確認

失敗の場合は、回線不通と表示されるのでSTEP4-5へ
STEP.4
失敗した場合

「ファイル(F)」を選択し、「取引口座にログイン(L)」をクリック
STEP.5
再ログイン

「ID」「PW」「サーバー」を入力して再ログイン
ログイン完了

サーバー確認方法

STEP.1
マイアカウントの概要

確認したい口座番号の横にある▽をクリック
STEP.2
口座種別及びサーバー

口座種別やサーバが表示されている
確認完了

会員ページはこちら

2個以上インストールする方法

STEP.1
インストーラー起動

一個目同様にインストーラーを起動し、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されるので、「はい」を選択
STEP.2
設定

「設定」を選択
STEP.3
フォルダ名変更

  1. インストールフォルダ内の末尾に追記
    例:c;¥Program File(x86)¥XMTrading MT4(2)
  2. プログラムグループ名を変更
    例:XMTrading MT4 WBZ
  3. オープンウェブサイトのチェックを外し、次へをクリック
STEP.4
おめでとうございます

インストールが終わったら完了をクリック
インストール完了

MT4ダウンロードはこちら

MT4最適化方法

最適化方法は全部で5種類の方法がありますので、出来る限り全てを実施していきましょう。

チャート削除

STEP.1
MT4起動

「ファイル(F)」を選択し、「データフォルダを開く(D)」を選択
STEP.2
historyフォルダ

「history」フォルダを選択
STEP.3
defaultフォルダ

「default」フォルダを選択
STEP.4
データ削除

フォルダ内にある以下のデータを削除
> EURUSD240.hst
> GBPUSD240.hst
> USDCHF240.hst
> USDJPY240.hst
STEP.5
XMTフォルダ

「XMTrading-Real xx」フォルダを選択
STEP.6

フォルダ内にある以下のデータを削除
> EURUSD240.hst
> GBPUSD240.hst
> USDCHF240.hst
> USDJPY240.hst
削除完了
MEMO
ヒストリーデータをダウンロードしたことがある場合は、downloadフォルダ内の不要なデータも整理しましょう。

EA削除

STEP.1
MT4起動

「ファイル(F)」を選択し、「データフォルダを開く(D)」を選択
STEP.2
MQL4フォルダ

「MQL4」フォルダを選択
STEP.3
Expertsフォルダ

「Experts」フォルダを選択
STEP.4
データ削除

フォルダ内にある以下のデータを削除
> MACD Sample.ex4
> MACD Sample
> Moving Average.ex4
> Moving Average
削除完了
MEMO
設置したEAも不要になった場合、ここから削除することが出来ます。

メール削除

STEP.1
ターミナル

「ターミナル」から「メールボックス」を選択
STEP.2
メール選択

受信している不要なメールを右クリックで「削除(D)」を選択
削除完了
MEMO
2~3回程、ログインの度にメールを受信しているので何度か繰り返しましょう。

インジケーター削除

STEP.1
MT4起動

インジケーターを消したい「チャート」を選択
STEP.1
チャート

上部の「チャート(C)」を選択し、「表示中のインジケーター(L)」を選択
STEP.2
削除

削除したいインジケーターを選択し、「削除(D)」を選択
STEP.3
閉じる

「閉じる(C)」を選択するとインジケーターが消える
削除完了

不要な機能の停止

STEP.1
MT4起動

「ツール(T)」を選択し、「オプション(O)」を選択
STEP.2
サーバー

「サーバー」を選択し、「ニュースを有効にする(N)」のチェックを外し無効化
STEP.3
音声設定

「音声設定」を選択し、「有効にする」のチェックを外し無効化
STEP.4
チャート

  1. 「チャート」を選択し、「再表示ように削除したチャートを保存」のチェックを外し無効化
  2. ヒストリー内の最大バー数512000→3000
  3. チャートの最大バー数51200→1000
注意
チャート数はEAによって分析に必要なチャート数がありますので、注意して設定しましょう。
最適化完了

VPSメンテナンス方法

市場が閉まっている週末に最低月1度はサーバーのメンテナンスを実施しましょう。市場が締まっている状態では、EAも稼働していませんのでMT4を閉じてしまっても特に問題ありません。

最初にMT4を全て閉じて、デフラグやアップデートが終了したら必要に応じてEAパラメーターの調整をしましょう。

MEMO
メンテナンスが終了したらMT4を再稼働させ、ウィンドウの最小化をしましょう。

アップデート

STEP.1
VPS起動

リモート接続を開始して「スタート」を選択
STEP.2
検索

右上の「検索」マークを選択
STEP.3
Windows Update

「更新プログラムの確認」と記入して検索したら、「Windows Update」を選択
STEP.4
インストール

必要な場合は、「インストール」と表示されるので「インストール」を選択し、「今すぐ再起動」を選択すれば完了
MEMO
VPSとの接続が一旦きれますが、15~30分程度にアプリで再接続を試みると繋がります。
更新完了
注意
MT4の起動を忘れないようにしましょう。

デフラグ

STEP.1
VPS起動

リモート接続を開始して「スタート」を選択
STEP.2
検索

右上の「検索」マークを選択
STEP.3
デフラグ

「デフラグ」と記入して検索したら、上段の「ドライブのデフラグと最適化」を選択
STEP.4
最適化

「最適化(O)」をクリックすると最適化が始まり、終了すると最後の実行欄の日付が更新される
デフラグ完了